牛乳と一緒に摂れる手軽さが人気

牛乳に混ぜて飲むお子さんの為の栄養たっぷり成長期飲料。
お手軽ですし、結構取り入れているご家庭は多いと聞きますね。

 

野菜嫌いであったり、揚げ物など同じようなものしか食べてくれないお子さんでも、おいしく飲ませてあげることで、親からしても何かと安心感もありますし、続けていくことで成長期にしっかり背が伸びるという期待もできますね。

 

 

なぜ牛乳に混ぜるのもが多い?

 

お子さんの成長期の栄養飲料って牛乳に混ぜるものが多いのですが、それはどうしてだと思いますか?

 

まず、牛乳に混ぜて飲むという時点で牛乳に含まれる良質なタンパク質を摂れるという点が一つ。
そしてもちろんカルシウムも摂れますよね。

 

元々、牛乳が飲める子はさらにおいしくなるので抵抗なく飲んでくれるという点は嬉しいですよね。
また、水やお湯に混ぜて飲むより、味に深みや奥行きがでます。こういった点も牛乳に混ぜて飲むことのメリットです。

 

普段あまり摂れないビタミンやミネラルなどの栄養素の摂取が簡単にできるので
牛乳は飲めるけど他の食事は偏り気味っていうお子さんにピッタリです。

 

 

牛乳嫌い克服のキッカケにも

 

一方、牛乳嫌いのお子さんの場合でも、ココア風味などが付いているので牛乳に混ぜることによって、牛乳の味がごまかせます。

 

結構な割合で、牛乳が苦手な子もゴクゴクと飲んでくれるようになるようです。

 

そうなると、そのうち牛乳にあまり抵抗がなくなるので、こちらも個人差はありますが、そのうち牛乳単体でも飲んでくれるようになるケースもあるようです。

 

うまくいけば給食での悩みが一つ減りそうですね。

 

 

オススメ商品は以下の2つ

 

商品は以下の2つから選ぶと、メーカー知名度や人気ぶりからみても安心です。
両商品とも牛乳に混ぜるタイプで、簡単に栄養成分の摂取が簡単にできます。

 

朝食時でもおやつと一緒でもOKです。

 

アスミール/株式会社イッティ
  • 1日1杯で栄養素の約70%以上を補える/牛乳に混ぜて飲んだ場合(栄養素等表示基準値に占める割合)
  • 独自製法によるZIPバランス(亜鉛・アルギニン・プラセンタ)
  • こだわりの3つのカルシウム、『トリプルカルシウム』を配合
  • 骨質を高めるカルシウム吸収促進成分CPP(カゼインホスホペプチド)を配合
  • 鉄分はもちろんのこと、学習中のお子さまに嬉しい、記憶力サポート成分DHAも配合
  • 使う原料はすべて国産
  • 合成保存料・合成着色料・合成甘味料は不使用
  • 放射能検査済みで気になる方も安心

<2人のお子さんを持つ、小倉優子さんも絶賛の成長期飲料>

セノビック/ロート製薬
  • 1日2杯でカルシウムと鉄分は約80%以上、ビタミン類は約70前後を補える/牛乳に混ぜて飲んだ場合(栄養素等表示基準値に占める割合)
  • 2種のミネラル、5種のビタミンを充実配合
  • ロート製薬のこだわり成分、卵から生まれたたんぱく質『ボーンペップ』配合。さらには元気成分オリゴミル(ミルクペプチド)も。
  • 累計販売数800万袋を突破
  • 国内生産で品質管理の徹底

ロート製薬が開発した成長期応援飲料【セノビック】

 

叔母は子どもなんて好き嫌いがあって当然だとよく言います。でも、普段の食事を作っている私たち親からすると心配なんですよね。
今日食べたものを思い返してみると、コロッケ、ポテト、から揚げ、少量のご飯、うどん、パン、コーンスープなど・・もちろん野菜や魚も出しているのだけど、「作って食卓に出したもの」と「食べたもの」は違うんですね。それが数日続いている状況。さすがに好き嫌いがあって当然だとしても、何とか少しでも栄養バランスが取れた食事をさせたいのが親の心境ですよね。そういったときは牛乳に混ぜるだけで簡単にバランスの良い栄養が摂れる上記のような飲料を一時的でも良いので利用することで安心できる日が増えます。食べ物の好みは段々に変わってきますが、明らかに栄養面が心配という時期にかしこく利用してみてください。
また、現在の栄養面というよりかは、スポーツをさせているのでもっと大きく育ってほしいと思っていたり、同学年のお友達と比べかなり小柄だからと身長に対して今後に心配や不安があるという親御さん、積極的に飲ませてあげてよい飲料ですよ。牛乳に混ぜるだけなので本当に家事をしている立場からしても簡単で毎日続けられます。